お知らせ

健サポ通信vol.7 『風疹と妊娠』

 Vol.7となる今号は「風疹と妊娠」についてです。

 風疹の感染拡大が続いており、既に去年1年間の患者数の7倍を超えています。風疹そのものは重度の感染症ではありませんが、妊娠5ヶ月までの妊婦が感染すると、生まれてくる子供に耳や目、心臓の病気などを伴う「先天性風疹症候群」が起こることがあります。前回の風疹の流行(2012年~2013年、患者数16,730人)では、45例の「先天性風疹症候群」が確認されています。
 今年の風疹は、男性が患者の8割を占めていて、中でも30代から50代が多い状況です。来年度より、30~59歳の男性の風疹抗体検査(風疹の免疫を持っているかの検査)が無料になる予定ですが、「女性への感染経路は1位 夫、2位 職場」となっている現状を考えると、できるだけ早くに免疫をつけることが理想と考えます。
   詳細は、PDFファイルをご覧ください。

関連PDF

  • 新卒採用2019
  • インターンシップ2020
  • マイナビ2020
  • めでぃしーんねっと2020
  • ひかり健康ブラザ Yahoo!店
  • facebook
  • 医療経営研究所
  • バイタルエスケーホールディングス